ボブ・フィックスは語る

新刊のスターピープルvol.44のなかで我が師、フルフィルメント瞑想の創始者ボブ・フィクスが語っています。

「神を認識するには『空』に入り、そこで意識を無限にまで広げて全ユニバースを観察すること。」

「そこで、ユニバースがどのようにデザインされたかがわかると、そのユニバースを作った存在。すなわち神が現れる。」と語っています。

そして、

「神は大きな声で叫んだりしません」

「ささやくのです」

「神は大がかりなショーを見せたりしません」

「静かなのです」

「だから、神を見つけるとしたらハートに入って行って、そこで静寂を保ちなさい」

「そうすると神が現れます」

「真実なのは、神はいつもここにいるということ」

「ただ、静寂があるときだけに気づくことができるのです」と。

 

『神』は遍在するすべてです

そして『神』の本質は『愛』

さあ、あなたもフルフィルメント瞑想で『空』に入り、ユニバースと繋がって『神』の存在を体感してみませんか。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録


タグ: , , , ,
カテゴリー: ブログ
ボブ・フィックスは語る” への1件のコメント
  1. 岐阜のH より:

    ボブさんの紹介ありがとうございます。

    今日、車の中でMr.Childrenの『名もなき詩』を聴いていたら、
    あるフレーズが胸に飛び込んできました。

    「愛はきっと奪うでも与えるでもなくて、
    気がつけばそこにある物」

    神(愛)はいつも、いまここに在るんですね。
    ちょっと違う?!

    今度、歌わせてください(^^)

  2. kei より:

    岐阜のHさん
    「愛はきっと奪うでも与えるでもなくて、
    気がつけばそこにある物」
    良いフレーズですね!

    『気がつけば』なんですよね。
    欠けているところには、渇望感が生まれますが、満たされているところには気づかない。

    満たされていることに感謝する「いま」を生きていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

お問合せはこちら 無料説明会 瞑想会 ブレスワーク ふらっと瞑想 個人セッション アクセスバーズ keiの瞑想ジャーナルBLOG Facebook瞑想サンガ名古屋
Archives